家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
楽天市場

RALLY HOKKAIDO
JAPAN 2003

12-14 SEPTEMBER '2003
さあ、ラリーを見に行こう!!!
初 北海道 + 初 ラリー観戦 といことで準備段階で結構てこずりました。北海道にラリー観戦に行くときは参考にして下さい。

1.チケット確保
まずは観戦チケットを購入しなければなりません。
北海道ラリー 2003は「チケットぴあ」で購入が可能 = セブンイレブンで購入可能だったのでセブンイレブンで購入しました。
まずは、「@チケットぴあ」で目当てのチケットを探します。検索を使って「ラリー」と「北海道」を組み合わせるとでてきます。
ここでチケットの「P-コード」を確認 → メモします。
メモを片手にセブンイレブンへ行き、コピー機の画面の左下にある「チケットぴあ」を押し、P-コードを入力するとコピー機から払込依頼書が出てくるので これをレジに持っていくとその場でチケットが発券されます。
これでチケットは購入完了です。

2.宿の予約
これが今回一番てこずった事です。
3週間位前にネットで検索したのですが、帯広市内は全滅。20件以上 問い合わせをしたけど全て満室。結局取れたのは帯広駅まで60分という所。しかも早朝の外出が出来ない所だったため、早朝のSSは観戦できず。おまけに夕食無しの選択ができないため、午後のSSも途中で帰らないといけない有様でした。
宿の予約は2ヶ月〜3ヶ月前にはしないととても間に合いません。幸いキャンセル料が発生するのは宿泊予定日の1週間前辺りからなので予約自体は早めにやっておいた方がいいです。
あと、ラリーを満喫したいのなら、スタートの前日には北海道入りし宿泊の場所はどの観戦ポイントからも同じ距離(時間)で行ける所がベスト。1日毎に宿泊場所を変更するのも手です。(ただし、この場合チェックイン時間がネックになります。)
あとは、外出可能時間を確認するのも必須です。
今回の場合午前3時頃には外出可能じゃないと見れないSSがありました。用は24時間フロントが開いていて外出可能なことがベストです。朝食・夕食も邪魔なだけなので必要ありません。
こんかい利用したWEBサイトは「宿ぷらざ」です。

3.飛行機の予約
自走で行く場合は関係無いですけど、時間を考えると飛行機がベストです。東京-北海道 間がわずか1時間20分!
まずは航空会社(今回の場合はJAL)のサイトに行って国内線の空席照会を見ます。
私は神奈川在住なので東京羽田→とかち帯広 線を探します。あとはガシガシ予約。
今回はチケットレス(コンビニ決済)を使用したのでチケットレスの払込用紙をプリントアウトし、用紙の下部分にある払込用紙を切り取ります。あとは指定のコンビニに持って行き、お金を払って完了です。
あと、このプリントアウトした紙に「受取番号」が書いてあるので捨ててはいけません。この番号がないとチケット発券ができない事もあるので注意。(東京羽田空港では端末からの操作で自動発券されますが、とかち帯広空港では搭乗手続きカウンターでしか発券できなかったので、この払込用紙があると便利。)
予約は1ヶ月前あたりにしておいた方が良いです。私の乗った便も最終的には満席になりました。

4.レンタカーの予約
SSまでの移動はシャトルバスを使う事も可能ですが、そのためにはサービスパークまで行かなければならないので面倒です。
レンタカーを借りるとその点自分の都合で移動できるので時間的には余裕がでます。
んで、今回は「レンタカー ジャパレン」(日本レンタカー)で予約。
飛行機の到着時間に合わせて利用時間を設定すればOKです。出発店舗は「帯広空港前営業所」。カーナビは必須なので必ず予約して下さい。あと、リッターカー以上じゃないと北海道の道はキツイです。
ジャパレンは、空港に迎えに来てくれたり、最後も空港まで送ってくれたりと親切でしたが1つだけ問題が・・・。
「帯広市内のJOMOのスタンドでこの給油証明を押してきてもらって下さい。」
最初聞いた時は問題無しとおもいましたが最終的には「帯広市内のJOMOってどこよ」状態になりました。
カーナビ検索の上から順に行ってみましたが、結局潰れてなかった + 日曜も営業しているのは上から10店目あたり・・・。
「早めに探しておいてよかった・・・。」違ぁーう!!!最初に聞いておけばよかったよ〜。

5.空港までのルート確認
空港にたどりつけなかったらシャレにもならないので「どこなびドットコム」で探しておきましょう。くれぐれも終電に乗り遅れない様に。

6.ラリーの観戦
早朝のSSを観戦するためには午前3時頃に外出が可能な宿が必要です。ネット等で予約した後にでも電話で確認しましょう。(私の場合、他に宿の空室がなかったので他の宿に出来ませんでした。)
サービスパークは結構駅から離れているので帯広駅周辺の宿でもレンタカーは必須だと思います。林道SSはそんなに人が行かないので駐車スペースは問題無いと思います。ただ、サービスパークだけは「一見クン」も多数来るので早めに行った方が良いです。
では実際のSSでは・・・

最前列はしゃがむ!(または中腰)
用は2列目の人が立って普通に見れれば良いと思います。最前列で立っていると、それ以降の人はほとんど見れません。みんなでラリーをたのしみましょう!

雨 でも傘は・・・
雨のSSで傘を使うのは厳禁だそうです。
なにゆう私も今回のLeg2で傘を使用してしまいました。
「公式ホームページ」の掲示板でも出ていました。すいません 以後、気を付けます。
デジカメを使いたい場合は防水プロテクターを着けるか、無い場合はビニール袋などを加工してカメラ用の雨ガッパを作りましょう。

ゴミは捨てない
SS観戦の際にゴミを捨てるのは厳禁です。
今回はゴミ回収のボランティアさんがいましたが、捨てないに越した事はありません。

タバコを吸うな!
結構いましたね。
禁煙なんですけど、怖そうな人が吸っていると止められないマーシャルの方が結構いました。
って言うかその前に吸うなよ。

場所の確保は1 - 2時間前
絶好の観戦ポイントを確保したいのなら1〜2時間前には陣取っていた方がいいです。
ラリー雑誌 等はその時のために取っておいたほうが吉。

気になった点
全然走ってるとこ見えないじゃん! - 自業自得です。陣取りを怠った以上しょうがないです。
テープ ビローン - マーシャルの張ったテープを10cm以上前に引っ張って見ないで下さい。その脇で見ている人が見えなくなります。
君! - Leg2の動画を見ると解ると思いますがマーシャルが丁度良い所に立っています。しゃがんだりしてよ。
特権階級「MEDIA」 - メディアの人は観客の前に陣取れるんですがこれが邪魔。前にいる以上立たれてはこまるんだが普通に立って撮るオッサンもいました。



こんな感じでしょうか?参考になれば幸いです。
Leg 1  Leg 2  Leg 3  表彰式  サービスパーク  レプリカコンテスト  その他





現在の閲覧者数: